妊活や妊娠中に摂りたい葉酸サプリ

健康な赤ちゃんを産み育てたい方に、葉酸サプリがおすすめです。

 

葉酸は、赤ちゃんの神経管閉鎖障害を防ぐ効果が認められており、厚生労働省からも妊娠中に積極的に摂取することが推奨されている栄養素です。

 

特に妊娠初期には葉酸を積極的に摂ることが必要で、不足することで赤ちゃんの先天的障害を誘発するリスクが高まります。

 

葉酸は食品に含まれている栄養素ですが、継続して安定した量を補給することは困難と考えられています。

 

加熱により栄養が減少したり、水に溶けやすい性質を持つ葉酸を毎日摂取するなら葉酸サプリが便利です。

 

食品メーカーやベビー用品メーカー、サプリメントメーカーなどから葉酸サプリが販売されており、それぞれに特徴が異なります。

 

最近はサプリメントの添加物を気にする声が高まっており、様々な添加物フリーのサプリが販売されていますが、葉酸サプリにも添加物をできるだけ含まないタイプがあります。

 

母子ともに健康な状態で出産にのぞむためには健康維持に不要な成分は摂取しないのが望ましいといわれており、特に合成の添加物は入らないものが望ましいと考えられています。

 

又、残留農薬や放射能のテストもパスしている製品は、より安心して摂取できるサプリメントと言えます。

 

葉酸サプリの効果


葉酸サプリを飲んでみた体験

 

30代で初めての妊娠出産をしましたが、妊娠初期のころからかかりつけの医師が葉酸サプリを勧めてくれていたので、おすすめの葉酸サプリを飲んでいました。

 

葉酸サプリの何が妊婦に良いのかというと、まず胎児の神経管閉鎖などの欠陥を防止するという役割があることや、妊婦の貧血を予防する働き、そして体内の血液循環を良くしてくれるという働きが主なものだそうです。

 

これだけを見ても、いかに妊婦にとって良い効果を発揮するサプリかということがわかると思います。

 

実際に私は妊娠前から少し貧血気味だったのですが、葉酸サプリを飲み始めてから少しずつ貧血が改善されてきましたし、それなりの効果を実感していました。

 

そして待望の赤ちゃんが生まれた時も、五体満足で生まれてきてくれたので葉酸サプリを飲んでいて良かったと心から思いました。

 

やはり妊婦にとって元気な赤ちゃんを産むということは最終目標ですから、少しでも母体や胎児に良いとされることは積極的に取り入れたいものです。

 

日本で葉酸サプリが妊婦に良いと言われるようになったのはごく最近のことだと思います。

 

海外では昔から当たり前のように摂取されてきた葉酸サプリですから安全性も確立されているので安心だと思います。

 

もっと多くの妊婦が葉酸サプリを飲んでいくべきでしょう。